不思議な話

掌編小説

【掌編小説】マトリョーシカ

死んだ妻の体を言われていた通りに切り開くと、中から一回り小さな妻が出てきた。 ——マトリョーシカ(著:村田侑衣)1分で読める不思議な掌編小説。
短編小説

【短編小説】三寒四温

『三人の娘を平等に愛してやりたかった。何も出来なかった。本当にすまない』初めて目にした形のある証拠。 ——三寒四温(著:村田侑衣)10分で読める不思議な小説。
掌編小説

【掌編小説】コインランドリー

ふと、隣の乾燥機へ目をやると何かのぬいぐるみがクルクルと回っていた。 ——コインランドリー(著:村田侑衣)1分で読める不思議な掌編小説。
ショートショート

【ショートショート】生まれ変わられ

「じつはね。僕、聡史(さとし)なんだ」アパートの階段前で急に立ち止まった四歳の息子が口にした名前は、五年前に死んだ長男の名前だった。 ——生まれ変わられ(著:村田侑衣)3分で読める不思議な小説。ショートショート。
短編小説

【短編小説】道標

分岐点と呼ばれる瞬間は生きていく中で少なからず誰にでも訪れる。受験、就職、結婚。大小はあれど、人生のあらゆる場面で人は様々な選択を迫られる。 ——道標(著:村田侑衣)10分で読める不思議なSF小説。
掌編小説

【掌編小説】何も見えていないから

「このクラスには幽霊が居るんだよ」 ——何も見えていないから(著:村田侑衣)1分で読める不思議な掌編小説。
短編小説

【短編小説】パレイド・リア・パラノイア

壁に向かって「おはよう」と囁くが、アミと名付けた台形のシミはもちろん返事をしない。 ——パレイド・リア・パラノイア(著:村田侑衣)10分で読める不思議な短編小説。
掌編小説

【掌編小説】自分ルール

「知ってるの。これが夢だって」 ——自分ルール(著:村田侑衣)1分で読める不思議な掌編小説。
短編小説

【短編小説】鶴の一声

「ふふっ。やっぱりそう見えるんだ。まずその女性、お客さんじゃ……人間じゃないの」「……鶴?」「それは私でしょ? 幽霊。死んでるのよ彼女。去年の冬に」 ——鶴の一声(著:村田侑衣)10分で読める不思議な短編小説。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました