村田 侑衣

掌編小説

【掌編小説】偽物の反撃

「ねぇ。鏡に映る私の瞳の中に映った私は本物? それとも偽物?」 ——偽物の反撃(著:村田侑衣)1分で読める恋愛小説。
短編小説

【短編小説】消えた流星に願いを

「見たことあるんですか? 宇宙人」「比喩だよ、比喩。見たことない。いるわけないだろ」「え? 見たことないのに否定するんですか?」 ——消えた流星に願いを(著:村田侑衣)10分で読める恋愛小説。
掌編小説

【掌編小説】ガーデニング

揺れるサクラの下に作った小さな花壇。庭の隅にある私のお気に入りの場所。 ——ガーデニング(著:村田侑衣)1分で読めるホラー風掌編小説。
掌編小説

【掌編小説】ポーカーフェイス

「あなたが浮気してたの知ってるの」 ——ポーカーフェイス(著:村田侑衣)1分で読めるホラー風掌編小説。
ショートショート

【ショートショート】白いかぐや姫

「もうすぐ月からお迎えが来るの」「……竹出身だっけ?」 ——白いかぐや姫(著:村田侑衣)3分で読める恋愛小説。ショートショート。
掌編小説

【掌編小説】合鍵

「ほら、これ。ないと不便だろ?」リビングでテレビを見ていた私に向かってそう言った彼は何かを投げた。 ——合鍵(著:村田侑衣)1分で読めるホラー風掌編小説。
掌編小説

【掌編小説】自分ルール

「知ってるの。これが夢だって」 ——自分ルール(著:村田侑衣)1分で読める不思議な掌編小説。
短編小説

【短編小説】鶴の一声

「ふふっ。やっぱりそう見えるんだ。まずその女性、お客さんじゃ……人間じゃないの」「……鶴?」「それは私でしょ? 幽霊。死んでるのよ彼女。去年の冬に」 ——鶴の一声(著:村田侑衣)10分で読める不思議な短編小説。
ショートショート

【ショートショート】襖の虎

「襖の虎を退治して欲しいの」一歩前を歩く早希(さき)が発したその言葉の意味が一瞬わからなかった。 ——襖の虎(著:村田侑衣)3分で読める恋愛小説。ショートショート。
掌編小説

【掌編小説】オーダーメイド

「子どもが欲しいの」妻は、僕の目をじっと見つめたまま甘い声でそう言った。 ——オーダーメイド(著:村田侑衣)1分で読めるSF掌編小説。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました