10分で読める短編小説

10分で読める短編小説短編小説

10分で読める2000字から3000字くらいの短編小説

短編小説

【短編小説】三寒四温

『三人の娘を平等に愛してやりたかった。何も出来なかった。本当にすまない』初めて目にした形のある証拠。 ——三寒四温(著:村田侑衣)10分で読める不思議な小説。
短編小説

【短編小説】赤い糸の結び方

運命の赤い糸というのは二人の自由を奪う鎖なのだと思う。結ばれることを約束してくれる代わりに繋がった相手と距離を取ることが出来なくなる。そんな鎖。 ——赤い糸の結び方(著:村田侑衣)10分で読めるホラー風恋愛小説。
短編小説

【短編小説】道標

分岐点と呼ばれる瞬間は生きていく中で少なからず誰にでも訪れる。受験、就職、結婚。大小はあれど、人生のあらゆる場面で人は様々な選択を迫られる。 ——道標(著:村田侑衣)10分で読める不思議なSF小説。
短編小説

【短編小説】パレイド・リア・パラノイア

壁に向かって「おはよう」と囁くが、アミと名付けた台形のシミはもちろん返事をしない。 ——パレイド・リア・パラノイア(著:村田侑衣)10分で読める不思議な短編小説。
短編小説

【短編小説】消えた流星に願いを

「見たことあるんですか? 宇宙人」「比喩だよ、比喩。見たことない。いるわけないだろ」「え? 見たことないのに否定するんですか?」 ——消えた流星に願いを(著:村田侑衣)10分で読める恋愛小説。
短編小説

【短編小説】鶴の一声

「ふふっ。やっぱりそう見えるんだ。まずその女性、お客さんじゃ……人間じゃないの」「……鶴?」「それは私でしょ? 幽霊。死んでるのよ彼女。去年の冬に」 ——鶴の一声(著:村田侑衣)10分で読める不思議な短編小説。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました